【オーディオ買取屋さん即日】今すぐ高値買取!おすすめはコチラ!

不要となったアンプやスピーカーなどのヴィンテージ&ハイエンドオーディオは高額買取が可能です。ところで、どこで買い取ってもらおうか?どこが高額買取をしているのか?と中々、悩むものでしょう。結論は、ネット業者に出張買取を依頼するのが一番、お得なのをご存知ですか?

 

ここでは、オーディオを数多く売却してきた管理人の経験を踏まえて、お役立つ情報をお伝えします。

高値で即日買取をしてもらえるオーディオ買取業者のランキング

オーディオの買取屋さん
オーディオ買取10年以上の老舗
買取の速さに定評!最短30分!
高値買取はナンバー1の実績!
出張買取・宅配買取も手数料なし!
迷ったらココで間違いなし!
おすすめの方 ポイント 評価
高価買取・即日買取を希望の方 ナンバー1の高値買取 オーディオ買取屋さん即日

 

 

音屋
対応地域は全国!
電話・メール一本で対応!
高値買取にも自信あり!
出張料金はもちろん無料!
「音」に関するモノなら何でも買取可能
おすすめの方 ポイント 評価
ニッチなオーディオ関連商品を売りたい方 真空管やスタンド、カートリッジ等音に関するものは何でも買取可能

 

 

カイトリ屋
出張買取・郵送買取の際の送料や手数料は無料。
高値買取に挑戦中!
競合他社の買取価格を調査!
現金化まで最短30分も
オーディオ専門の女性の買取スタッフが出張可能
おすすめの方 ポイント 評価
オーディオを売りたい「女性の方」 オーディオ専門の女性の買取スタッフが出張することが可能 オーディオ買取屋さん即日

 

 

「オーディオ買取」と「オーディオ下取」の違いとは?

オーディオ買取

オーディオ買取とは、買取店で売却をして現金を手にすることです。どのような買取店を問わず、手にした現金の使用方法も問いません。リサイクルショップでも、オーディオ買取専門店でも、買取をしてもらって現金を手に入れればオーディオ買取といいます。手にした現金は、貯金をしてもいいし、好きなものを購入してもよいし、どのようなことにも使えます。

オーディオ下取り

一方オーディオ下取りとは、オーディオ販売店で手放したいオーディオを引き取ってもらい、新たに購入するオーディオから引き取ってもらったオーディオの分の金額を差し引いてもらうことです。この場合はオーディオを引き取ってもらうお店と購入するお店が同じです。
買取と違う点は、引き取りでは現金を手にするのではないということと、下取りをしてもらったお店で新しいオーディオを購入することです。現金を手にする代わりに、新たに購入するオーディオから引き取ってもらったオーディオの値段を差し引きます。

 

「店頭買取」と「宅配買取」と「出張買取」の違いとは?

店舗買取

店舗買取とは、オーディオを買取店に自分で持って行って、査定をしてもらって、現金を受け取る方法です。査定はその場で行ってもらうことができ、買取をしもらってついた金額はその場ですぐにもらうことができます。すぐに現金を手にしたいときや、買取店が自宅の近くにある場合に便利な方法です。

宅配買取

宅配買取とは、オーディオを宅配便で買取店に送って査定をしてもらう方法です。買取をしてもらった金額は、銀行振り込みされることが一般的です。オーディオを発送する際に使うダンボール箱などは、買取店から無料でもらえることがあります。申し込みをすると梱包キットが自宅に届きます。梱包キットを買取店からもらえない場合は、ダンボール箱などを自分で用意をします。梱包の際には、オーディオが傷づかないように気をつける必要があります。緩衝材などを入れて輸送の際に傷つかないように気をつけましょう。梱包したものは宅配業者に連絡をすれば自宅まで受け取りに来てくれます。買取店によっては送料が無料です。

出張買取

出張買取とは、買取店のスタッフが自宅まで買取に来てくれる方法です。スタッフを自宅に入れてオーディオを査定してもらいます。買取をしてもらった金額はその場で受け取れる場合が多いです。出張買取をしてもらうには、買取店の出張エリアに対応をしている必要があります。近くに買取店がある場合には出張買取の対応エリアの可能性があります。出張費については買取店によって違い、無料のこともあれば出張費がかかることもあります。また、出張買取の場合は買取に出す品物が複数でないと出張買取には対応をしていないことがあります。このような点を確認しておく必要があります。

オーディオの高額買取のコツとは?

@きれいに掃除をする

きれいな状態の方が高額買取になる可能性があります。オーディオは普段から使っていても使っていなくても、年月とともにホコリをかぶって汚れてきます。細かなすき間に汚れがたまってしまうと掃除が大変になるので、普段からこまめに掃除をしてきれいな状態を保っておくようにします。オーディオは傷つきやすいので、掃除をする際には柔らかいブラシやクロスを使用するようにします。

A付属品を一緒に査定に出す

コード、説明書、箱、正規品であることの証明書など、もとからついていたものを一緒に査定に出すだけで査定金額が変わってきます。すでに捨ててしまっている場合は仕方がありませんが、どのようなものでも購入した際についていたものは一緒に査定に出すようにしましょう。

B早めに買取に出す

オーディオは年月が経つほどに買取価格が低下をしてきます。常に新しいオーディオが登場をしていて、最新の技術を使用したより優れたものが販売されています。新しいものが登場するたびに買取価格は下がっていくので、売りたいと思ったときにはできるだけ早く買取に出すとよいでしょう。

Cオーディオ買取専門店で売る

オーディオの適切な価格を見極めてもらうことで高額買取になる可能性があります。そのため、専門としていないリサイクルショップよりもオーディオ買取を専門に行っている業者に買取に出すとよいでしょう。近くに店舗がない場合でも宅配買取を利用して専門店で買取りをしてもらうことができます。

 

オーディオ買取の査定額を大きく左右する査定項目は?

@年式

発売されてからまだあまり年月が経っていないものほど買取価格が高くなります。古いものよりも新しいものが高く売れるのです。

Aメーカー

あまり知られていないメーカーよりも、オーディオメーカーとして有名なメーカーのものの方が高い査定金額がつきます。高級スピーカーといわれているものとしては、ソニー、タンノイなどがあります。

B清潔さ

汚れが付着しているものよりも、掃除が行き届いたきれいなものの方が高い査定金額がつきます。傷、ホコリ、色あせなどがないかチェックされます。

C作動するか

動かないものは買取対象外となることがあります。店舗によっては引き取ってくれることがありますが、きちんと作動するかは査定の重要項目です。

 

オーディオ買取サービスのメリットとデメリット(注意点)は?

メリット

オーディオは場所をとる機器なので、使わなくなったものを自宅に保管をしていると場所をとってしまいます。多らしいオーディオを購入するとなると、新しいものを置くスペースがなくて困ります。処分をするとなると自治体に引き取ってもらう必要があり、引き取りには費用がかかります。オーディオ買取サービスを利用すれば、不要なものによって場所を取られることがなくなり、ゴミをして出すためにかかる費用は必要なくなります。処分費がかかるどころか、手元に現金を得ることができます。また、オーディオ買取に出せばオーディオを他の人に有効活用してもらうことができます。いらなくなったオーディオとはいえ、長年使っているものだと愛着があるはずです。愛着のあるものをゴミとして捨ててしまうのは未練を感じることでしょう。しかし、オーディオ買取サービスを利用すれば、購入をしてくれた人が有効に活用をしてくれます。そして、ゴミの削減にもつながります。

デメリット

オーディオ買取サービスを利用したくても、オーディオの状態が悪かったり古すぎるタイプのものだと買取の対象外となることがあります。買取店によっては引き取ってくれることがありますが、引き取ってもらえなかった場合にはゴミとして処分する、友人に譲る、自宅に保管するといった対処が必要です。
また、いらなくなったものとはいえオーディオ買取サービスを利用すると手放さなければならなくなります。

高価買取が期待できる主なオーディオメーカーの一覧

Accuphase(アキュフェーズ)、B&W(バウワース アンド ウィルキンス)、Mcintosh(マッキントッシュ)、TANNOY(タンノイ)、FM Acoustics(エフエム アコースティック)、EXCLUSIVE(エクスクルーシブ)、Jeff Rowland(ジェフローランド)、LUXMAN(ラックスマン)、DENON(デノン デンオン)、STUDER(スチューダー)、Westlake Audio(ウエストレイクオーディオ)、JBL(ジェイビーエル)、Mark Levinson(マークレビンソン)、Marantz(マランツ)、Esoteric(エソテリック)、NAGRA(ナグラ)、Micro(マイクロ)、Western Electric(ウエスタン エレクトリック)、SME(エスエムイー)、Garrard(ガラード)、THORENS(トーレンス)、VITAVOX(ヴァイタボックス)、Connoisseur(コニサー)、Uesugi(上杉研究所ウエスギ)、EMT(イーエムティー)、Ortofon(オルトフォン)、TANGO(タンゴ)、Fidelity-Research(フィデリティリサーチ)、AudioNote(オーディオノート)、ONKEN(オンケン)、Technics(テクニクス)、Telefunken(テレフンケン)

オーディオ買取サービスに関する良くある質問と回答は?

買取対象商品に記載されていないものでも買取をしてくれますか。

オーディオといってもその種類は数多く、ホームページ上ですべてを掲載することはできません。掲載をしているものは高額査定がつきやすいものです。そのため、買取対象商品として記載されていないものでも買取は行っています。

付属品のみの買取は行っていますか。
商品によります。付属品のみよりもオーディオ本体と一緒に査定に出した方が高額査定となるので、本体と一緒に査定に出すことをおすすめします。
古いオーディオでも買取をしてくれますか。
オーディオ買取で重要なことは需要があるかということです。古いオーディオでも需要があれば買取を行っています。
梱包はどのようにすればいいですか。
ダンボール箱にオーディオを入れて、箱とオーディオのすき間がないように丸めた新聞紙や緩衝材を詰めます。輸送の際に破損をしないようにできるだけ箱とオーディオとの間にすき間を作らないようにしてください。

おすすめは「オーディオ買取屋さん」か「音屋」

オーディオ買取屋さん 音屋

高値買取買取の実績はNo.1

 

>>詳細はこちら

オーディオ関連は何でも買取可能!

 

>>詳細はこちら

Update Record